スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の反省

2010.04.30.Fri.15:52
ワンコとの暮らし、楽しいことがいっぱい。

ワンコとの暮らし、今ではかけがえのない時間です。




それなのに、

うちのワンコたちに恐い思いをさせてしまった母です。



ジュレさんにヒートがきました。

7か月になったら、体重が2.5キログラムを越えたら避妊をと考えてました。

病院にいって手術の相談をしたら、明日にでも手術ができると思い違いをしてました。

一つの病院では、7ヵ月の月齢ではいつヒートがきてもおかしくないので、

ヒートがきてから2ヶ月後という話になりました。


そしてもう一つの病院では

「一番早くて2週間後」

「手術まえに、ヒートがきてるかどうかの確認をしてから」

とのお話になりました。



手術を予定していた日に、ジュレさんはヒートがきました。

私の計画が、考えが足りなかったのです。



そして、先日はジュレさんがケージの差し込み式の鍵をあけて

ケージを出てくるのをみつけました。

家族で、「すごい、賢い」と親ばかしておりました。

早速、別の鍵をつけて、これなら大丈夫と店の買い物にでかけました。

2時間ほどして帰宅、おじいちゃんとお散歩にでかけたはずのムースくんが

部屋でフリーで遊んでおりました。

(私が留守のときだいたいは、おじぃちゃん宅で待機)

その後ろをジュレさんがついて遊んでるではないですか?

ケージからでちゃってる?

鍵をつける位置が悪かったようで、扉に隙間ができその間を出てきていたようで。。。

部屋には不安なものは置いてないつもりでした。

でも。。。かけていたエプロンが床にありました。

小指の先ほどの木のボタンがないのに気がつきました。

ムースとジュレのどっちかが食べたという思いよりも、

小さいこのジュレさんが食べたのでは?と頭がパニックになりました。

慌てふためいてK病院の先生に電話をし休日にもかかわらず電話を受けていただき

「どちらが食べていてもおかしくない」

「ボタンが木であることからレントゲンをとってもうつらない」

「小さいこに、食べてるかどうかわからないのに吐かせる処置は」

いろいろとお話をいただき、様子をみることとなりました。

お里にも、お電話で話をきいていただきました。

「様子をみること」と言葉をいただき

腸が詰まったときにどのような症状が現れるかを教えていただきました。



不安な時間、幸いにも店は休みなのでムースとジュレのそばで過ごせました。

夜の排便、ムースくんは7時ごろの排便、ジュレさんは9時過ぎごろの排便。

どちらにも、ボタンらしきものはなく、吐くこともなく夜が過ぎました。

ただ、自分の不注意でワンコたちにつらい思いをさせることになってしまったら。。。

考えだしたらとまりません。

いざというときはすぐ動けるようにしなくてはと考えてました。



朝、ジュレさんは排便がなくムースくんの排便、とくにかわったものは出ませんでした。

病院へ休日の電話の対応のお礼と、今後どのような症状に気をつけるかを聞きに出掛けました。

お腹の動きを聴診器できいてもらい、ガスがたまってる様子でもないこと、

これから2頭の様子に気をつけることがらを聞かせてもらいました。

それから、いろいろなワンコたちの異物を飲んだお話を聞かせてもらいました。

やきとりの串を飲み込んだレトリバーのお話、

小石を飲み吐かせる処置をしたが小石だけが胃にのこり手術となったレトリバーのお話

糸がワンコの腸を傷つけ出血にいたったお話、いろんな話をいただきました。

今後の症状、便をチェックすること、ワンコの様子に気をつけることのお話を聞き病院をあとにしました。



午後、ジュレさんの排便

割り箸でチェックすると、ありました。

小さく噛み砕いた木のボタンくず。。。。



「よかった」心の底から思いました。

ご心配をおかけした、お里と病院に連絡をいれました。



ほんとに不安でした。

最悪の事態に自分がどう動けるかを何度も考えておりました。

自分の不注意をなげくのじゃなく、もしものときワンコたちがつらいめにあうこと。

自分に問い正しておりました。




もう一度ワンコ目線、ワンコに危険はないかと

自分たちの暮らしぶりを再度チェックし、改めよう。

この子ワンコたちの命にかかわる事だから。




100410_005521.jpg








100425_115511.jpg



元気でいてくれて、ありがとうムース、ジュレ。

もっと、もっと気をつけます。



スポンサーサイト

おい、オイ、老い。。。

2010.04.23.Fri.00:01
「病院にいっちゃってくれんろうか?私、仕事にでちゅうし、車がないき行けん」

実家の母から、電話。。。。



施設の祖父母が、二人して具合が悪いと連絡のあった

祖父シチヤン、祖母トキちゃん、大丈夫?




とにかく、施設から病院につれていくことになってて

「おじいぃさん、入院せないかんかもしれない。。。」

不安げな声で電話があったりすると、

こっちもあわててしまう。





そんなとき、

だいたい、言葉が足りない母、人の話を聞けない母だということを。。。忘れてたりする。




シチヤン入院か?長くないか?なんて妄想電話してきた母よ、

もうちょっとしっかりしてください。




おじぃさんは、病院で、お医者様に

「若いおなごと結婚することになった」

楽しそうにいったそうな・・・妄想も暴走し始めてます。



そして

病気におっこうな(おおげさな)祖父シチヤンだったことを、思い出した。

老老介護、オイオイ介護の現在進行形、

母もそういや、十分おばぁさんな年になってました。





シチヤン&トキチャン

つましい暮らしをして残してきたものあるから

今、施設に入ってくれています。

「施設に入りたい」祖父母がそういったときいたとき

寂しい気持ちがよぎりました。


でも、今の祖父母、

そして、祖父母と私や父母や家族の関係を見ていると

よかったと思ってます。

シチヤントキチャンに感謝しなくちゃね。



覚え書き

母、心配妄想なわりには、けろっと自分のいったことを忘れてしまえるお方

祖父、病気に心をとらわれがちで、毎日血圧測って病院大好きなお方

だったことを忘れずに


しばらくはお人さまに振り回されそうな予感。

それもしょうがないですね。

順番順番がやってきてます。

しっかりしなきゃならないのは、私だわん。










DVC00231_1.jpg
ピエールドロンサール2008

老いを教わる

2010.04.20.Tue.23:06
「トイレの神様」の唄が流れると

どうしても、自分の子どものころが浮かんでしまう



祖父母と一緒だった時間は

私の素となるものをつくったように思う




幸せなことに、今も健在

91歳と86歳を迎える




たくさんの思い出を紡いでくれた祖父母

昔の記憶はくっきりと鮮やかによみがえり

今日の記憶は、あいまいな霞のなかに忘れていく

そんな時間を過ごしている



「夕べは、心臓が止まるかと思うた」

「戦争で、山が真っ赤に焼けよった」

話をきいていると、不可思議な世界を作り出す祖父



そういえば、いろんなお話をしてくれた

そういえば、いろんな知恵をあたえてくれた



そして今、彼らが見せてくれてる姿は

「老い」と「今を生きる」ことを

教えてくれている















コーネリア2008


おじぃちゃん、大好きな病院行き

しっかりお医者さんの話をきいてこようね

帰りつくころには、忘れちゃっててもいいからね

ボスと行く♪わんこ街道膝栗毛

2010.04.19.Mon.14:28
ついに、ついに行ってきました。

わんこのアナザーワールド、ドッグショー






わんことの生活が始まって、一度はのぞいてみたいと思ってました。

トップを目指すわんこたちの世界

そんなチャンスがやってきた日曜日、

別世界へのお相手はボス

頼もしく、おもしろいお方、

そして、私のわんこ生活の頼れるお方。









IMG_1992.jpg







IMG_1989.jpg








もちろん、私のお目あては


貴公子貴婦人たちパピヨン


IMG_2005.jpg


おぉ、これが生ハンドラーさまのお歴々

正装はあたりまえ、真剣勝負でございます。








IMG_1996.jpg





IMG_1998.jpg





IMG_2006.jpg






IMG_2007.jpg


このこかわいい♪あのこきれい

心が躍りますぅ。








IMG_2009.jpg


どのこも、ほんと大人しい。

しっかりしてますぅ。






IMG_1994.jpg


まだまだ、幼いパピヨンちゃんたちも









IMG_1986.jpg











IMG_1987.jpg






出陳数は寂しい数でしたが、

会場の駐車場には関東方面のナンバーの車、

北陸地方のナンバーをつけた車もみられました。

すごいぞ、ショードッグ

君たちの生きる世界

どれだけの人々が動いてるの??

こんな世界もあるんだね。




IMG_2019.jpg


ハンドラーさんを見上げる瞳にキュンなこ









IMG_2014.jpg






IMG_2018.jpg



他のことは違う何か印象的な姿のこ

軽やかなステップで目の前を通り過ぎていきます。






初めて、こんなにたくさんのパピヨンたちをみられて

ちょっと興奮気味な私でございました。

ショードッグに携わる方々のご様子も拝見できて、

とっても記憶に残る一日でございました。










IMG_2024.jpg









IMG_2023.jpg


不思議なデザインのわんこおもちゃ










IMG_2025.jpg



トリミングテーブル&ドライヤー

お値段もびっくりの品々。




たっぷり楽しんで、気がつけば2時間以上もうろうろしてたんですね。

さてさて、お次はどこへ???まいりましょうか。。。



























ボス、ありがとうございました。

次は、あなたさまの番でございますね。

私、この体をなげだして、おふた方にお仕え申し上げます。

がんばりましょうぞ、記憶力を無くし始めた頭を動かして、

わんこたちには到底ついていけない体をふるいおこして、

いざ出陣の日まで???あと、何日?



いらっしゃいませ

2010.04.17.Sat.23:11



お迎えいたしましたのは、木香バラ

一年に一度の晴れ姿で、ごあいさつ。












IMG_1978.jpg













IMG_1980.jpg


ようこそ、ようこそ。

浪速イバラの三人娘?

誇らしく、凛々しい白でしょう。













IMG_1968.jpg














IMG_1965.jpg



しばらくお天気さまさまでお願いします。

この時を、わたしたちまってたんです。















IMG_1966.jpg













IMG_1969.jpg




こちらのコーナーは、まだこれから、

色鮮やかなバラたちが眠ってるんです。












そして、足元には



IMG_1970.jpg



小花たちが、お色直し中。

赤い花、いってみますぅ。














IMG_1981.jpg


ピースの蕾

素敵なお名前でしょう。

この花は、きっときっと大きな花をつけてくれるはず。














IMG_1956.jpg


庭の住人のお二人さん?2わんこと、

庭の管理人店長くんが

皆さんをお待ちしてまーーーす♪
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。