スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水 木 金 晴れたり曇ったり

2012.06.30.Sat.07:15
あじさいの花色が、朝の日射しを受けて色あせてみえました。

もう、そろそろ雨の季節も終わりでしょうか?





店に行くと、入口の花を飾るのは先日いただいたお花




その花を生けるのは、だんさん(笑

彼、洋食をやっていたころから

長い間、華道を続けていたんです。

むかし、「盛り付けの勉強になるから」といっていたこと

覚えています。













水曜日、木曜日、金曜日

うれしいお顔を見ることができました。



mIMG_1909


笑顔を隠すのがもったいないんですが、


ドッグカフェ プラッツ  オーナーご夫妻と

ムースのお世話になった訓練師さん、ハンサムウーマンのM先生が

お出でてくださいました。

ブログをよんでくださってるようで、

駆けつけていただいて、申し訳ございません。






いつもの週末というかんじで、

木曜日、金曜日と

常連さんたちがお出でてくださいました。

「最初で、最後のハグを~」

と、おっしゃるよっぱらいさん。


両手をさしだして、丁寧な握手をしていただいた、

お若いサラリーマン。








そして、かわいいピンクのブーケと

「ありがとう」の言葉をかけてくれた

8歳の少年。


IMG_1930_20120630070143.jpg

ご栄転される御贔屓さんが、奥さまとお子様をつれて

「高知の最後のカツオのたたき食べにきました。」と^^

以前一度、ご家族で来てくださったことがありましたね、

きっと、お家でもたくさん会話のあるご夫婦、ご家族なんですね。

「これが、うまい」と奥さまお子様に、お話してる姿が印象に残ってます。

お仕事の関係だけでなく、ご家族をこうやって連れてきてくださるって

私には大変嬉しいことでした。
















店の看板メニューも、そろそろ最終便

IMG_1917.jpg


豚の角煮は、男性たちに「白いご飯が欲しい」と、言われました。

この店で出す「最後の角煮」と、珍しくだんさんがキッチンから声をかけてきました。





そして、私の中での、ひとつの看板は


IMG_1919.jpg





IMG_1927_20120630070144.jpg


この案外、急な階段

よっぱらいさんが、それでもこけたことのない階段です。

「こんなとこに店があるなんて」と言われることも、よくありました。

2階で商売するっていうのは、厳しいこともありました。

それでも、通ってくださった、選んで来てくださったお客さまたち

ありがとうございました。









IMG_1922.jpg






IMG_1923.jpg


商売は、晴れる日も、曇る日も、どしゃぶりの日も(笑)ありましたが、

今、こうやって笑顔で、みなさんにご挨拶できることが

嬉しい次第でございます。

区切りをつけて、次の時間へ

「オレは、一生はたらくから」と言ってるだんさん、

ピリオドではございません。












IMG_1908.jpg


先日いただいた感謝状のように、

胃袋をみたす店をする

願いをもって。













予約のお客様が、早くひけたので

お世話になった方の店に、たちよりました。



ひろめ市場 のなかのお店には

IMG_1935.jpg


高知では大きな仕出しやさん地元の皿鉢料理の店があります。

そちらにいらっしゃるのは、その店の奥さま。

「おばちゃん」って声かけられて

ビールの注文をうけてます。


IMG_1934.jpg

私は、アイスをいただきました。








もう母たちの年だから、ご自宅でゆっくりされてもいいはずなんですが、

「商売人なのよ」と

戦後、東京から高知へ

あまりにも違う暮らしぶりに御苦労も多かったとか、

商売のこと、人生のこと、たくさんお話いただきました。

「さびしくなるわぁ」が、近頃のあいさつですが、

また、遊びにきますから。









そう、今日で0日

もう、カウントダウンもおしまいです。

2012年6月30日










続きを読む "水 木 金 晴れたり曇ったり"
スポンサーサイト

月曜日と火曜日

2012.06.27.Wed.01:35
カウントダウンも片手になりました♪

店のことばかりですいませんが、覚え書きとして、

今日も書かせていただきますね。




月曜日

だんさんの旧友のKさんが、会社の宴会を開いてくださいました。

今月になって、予約のない月曜日はお休みさせていただいてた私ども、

久しぶりに月曜日から働きました(笑

ローカルの声が大切なお仕事をされてる方がた

楽しい宴会をみせていただき、店も楽しゅうございました。

それから、先週きてくださったばかりのお客様が

また、懐かしいお客様をつれてきてくださったり、

「やめると、聞いたら寂しくなって」といいながら

続けてきてくださったお客様、ありがとうございます。






そして、火曜日、今夜はほぼ貸し切り状態

たぶん27名様の団体様の予約はこれが最後ですね。





H○○D○の営業マン、技術者のみなさま

ありがとうございました。

この何年間、何回、大きな宴席をしていただいたことか(感謝

その皆様から、

サプライズをいただきました。











20120626h.jpg

携帯で撮った写真は、いまいち。。。(泣



感謝状をいただきました。

「美味しい料理で我社の胃袋をみたし。。。云々」

こちらが感謝の気持ちを伝えなきゃいけないのに。。。




そう、そして、私が感謝状をいただいている間、その胃袋をみたしていた料理人さんは

キッチンで働いておりました。




もう少し、あと少し

がんばりましょう。


サヨナラの満員御礼

2012.06.25.Mon.13:55



「店を閉めます」宣言をしたのは6月の初めだったでしょか?




はやくも、忘れそうになってきたので

今日はしっかりと、記憶を綴っておきましょう。




2012年6月末日をもって、

この町の店を閉店することにいたしました。

この場所で、商売をはじめた平成元年より

24年目の雨の月。

「だれにも言わずに閉める。」

なんていってただんさんですが、そんなわけにはね。。。

いろんなかたに、いろんな形でお世話になった

可愛がっていただいた店ですもん。

ちゃんとごあいさつしなくちゃね。





最終日を決めた40日前ぐらいから、

少しずつお伝えしました。

まずは、なんといっても

おにぃさま、おねぇさまがたに

6月のはじめ、のんきな夫婦を、

心配して早速ご来店いただきました。



IMG_1847st.jpg








IMG_1848.jpg








IMG_1849stks.jpg



S子ねぇさまは、たしかこの店が平成元年フレンチの店でオープンしたころからのお付き合い

私なんかより歴史をしっております(笑







平成9年に、今の店のスタイル居酒屋にかえて、再オープン

いろいろな方々と出会いを与えてくれました。








IMG_1879.jpg


先週の木曜日は、大雨の日に満員御礼











IMG_1875.jpg

日本の働く男性たち

N○●社の皆様に、大変ご贔屓にしていただきました。

この日は、働く男性たちのみで、満席という理想のスタイルの店でございました。

なんか、おかしくうれしく♪

「老後の楽しみに、写真をください」とお願いした次第です。

そして、常連さんに、

「やめると、きいて・・・ほんと?」と聞かれ

「はい、30日までです」

と私が答えると

「えらい、明るくいうねぇ」と言いながら(笑

まだ日があるから、来週もきてくださるとおっしゃってました。




・・・・お酒の場は、明るく楽しいお酒にしていただきたい ・・・・ それが私の願いなんですぅ。




だんさんは、

常連のお客様や、店を可愛がってくださった皆様へ

自分の料理でごあいさつです。






IMG_1882.jpg

和牛のローストは、藻塩で









IMG_1846.jpg

チキンのローストはローズマリーの香りをそえて





彼なりのご挨拶です。

上手な言葉は、ありませんが。

この料理たちが彼の感謝の言葉です。












週末の金曜日もありがたく満員御礼


ご家族でおいでくださったO氏

店のこと本当にお世話になりました。

奥さまも、会社でご宴会していただいたりありがとうございました。

そして、こうして小さなお子さんたちも一緒に「おいしい」といってくる言葉

何よりの嬉しさでございました。

IMG_1885of.jpg







そして、こちらの姉妹?母娘さんにもかけつけていただきました。



IMG_1887sy.jpg






さば寿司、好きだったよね~さっちゃ

あなたにも、この店フレンチだったころバイトしてもらったんだよね

時間はたったのねぇ。

忙しいなか、娘っ子と一緒に、ほんとありがとうね。













そして、つづいても満員御礼の土曜日

やめること、知らないお客様がほとんどですが、

賑やかな店には、人は人をよぶんですね。

ありがたいことですね。





この日は、東京から飛んできてくださいました。

二人のイケメン

これからの時代を切り開く男性たち



IMG_1890.jpg

いい男なんで隠さずに、のせちゃいましょう。





羽田発最終便で、高知入り

店の閉店をきいて飛んできてくださいました。

翌朝の始発便で帰るそうな。。。9時前には都内で仕事だとか。。。


この店がなかったら出会わなかった、ご縁はきっとなかった世界で働く男子

お忙しいなか、ありがとうございました。

子どもも、小さい時にお話ししたこと覚えてたようでした。




そう、歴代のバイトくんたちもお手伝いにきてくれてます。

IMG_1893.jpg







IMG_1872.jpg


こんな店で、バイトした記憶少しは残るかなぁ?


そして、Sまもお手伝い中

皿洗いから卒業してホールにもたてる大きさになりました(笑

もうちょっと、接客の仕方、ことばづかい覚えてもらわなきゃね。

どんなバイトもできる、たくましい男子になってもらわないと♪









さて、

ながながと書きつらねてきました。

私も、

残り数日、

まじめに、働いてまいります。










久しぶりにきた着物

息子娘ワンコがどうした?ちぇっくをしてくれました。


IMG_1871_20120625135125.jpg


ストケシアとエキナセアと夏の庭

2012.06.20.Wed.13:39


ストケシア

名前がわからず探しました。

昔、昔、

祖父母が植えていた花は、

6月の空模様には似合わない青色

あのころ、「なんていう名前だろう」なんて思わなかった。

庭にあたりまえのように、咲いていたっけ。

このごろ、どうしてももう一度手元におきたくって、

やっと見つけて、植えました。

今年は花を咲かせてくれました。





花言葉は、「追想」「追憶」「清楚な娘」「清らかな乙女」

あぁ、私にぴったりな花だわん^^。

























エキナセア

2012061512220001.jpg



「風のガーデン」?っていうドラマだっけ

その庭を製作した上野さんの本を、誕生日にいただいたとき、

この花を植えたくなりました。

こちらの気候にあうものかな?と思いましたが、

心配ご無用

立派な花丈、立派な株になりました。

とっても強い花のようです。



^
花言葉  「優しさ」「深い愛」

そう、私の深い愛を・・・あなたに捧げましょう。

え?だれに??(笑















そう、

このこたちに。




2012061716050000.jpg












2012061716270001.jpg
















2012061716280000.jpg


お嬢さんがたは、ガラスのテーブルでお腹を冷やしてます^^。











あれ?

あの子は?







IMG_1711.jpg


はい、この子は、

庭ワンコのあいだも、警備活動をおこたらず

退場か?でございました。

他のワンコたちのように

まったりとテーブルにつくこともなく、

ひたすら活動家でございました(泣
















夏がきます。

しばらく庭ワンコもお休みかなぁ?

これからは暑くて暑くて。

夕涼みくらいの時間じゃないとね。

それぞれの十代

2012.06.11.Mon.21:01


ソーダ色のネクタイ

もう結んでます^^

うちのおお兄ちゃんSた、初めてのスーツ

Sた、高校生活のあと、働く人となりました。

友人たちが大学進学を目指すなか、

私たちからは、迷い道を歩きはじめたような息子に・・・

心配な日々が続きました。



今、彼は自分で見つけてきた店で

白い粉もつれになって、

朝は早くから、夜は日が変わって帰ってくるような仕事をしてます。


「仕事つづくかな?」と、母としては思ってました。

そんな彼も今の店で一年を過ごし、

店の先輩の結婚式に招待いただいたそうで、

初めてのスーツを、自分の働いたお金で揃えました。

洋服のA山さんの、セールストークに導かれ

「礼服までつくったぞ」と一緒にいった主人がいうてました。

いろんな道、曲がりくねった道かもしれませんが、

19歳の君が、働いてること、続けてること、

ちょっぴり安心しました。


ネクタイ、夏らしい色で若々しくっていいね。

でも、その坊主あたま。。。いいのかしらん?

中学生のころとかわんないんだけど。







IMG_1854.jpg


そして、もう一人の十代 Sま

部活も終わって、いよいよ。。。大きな山の前にたってます。

登りきっていけるのかしら?

自分の足でしか、いけないんだからね。

しっかり、しっかり。

「30分だけ、寝かして」と

弟ワンコ、妹ワンコと川の字です。







IMG_1852.jpg











IMG_1859.jpg


Sま、きっと起きれないよ 母さん!

ジュレこさんが、教えてくれました。










 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。