スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時がすぎていきます

2010.01.15.Fri.10:07



昨年の夏、

実家の祖父母が植えた赤松が枯れ始めました。

幼いころから、祖父母の庭仕事、畑しごとをみていました。

「松は、手入れが大事やきにゃぁ」

古い方言を、使いこなす祖父、七郎さんが大事に管理してました。

家には、赤松のほかにも黒松、五葉松、古い幹に接ぎ木をした枝垂れ梅

桜に桃に、さつきや藤、いろいろな木々が植えてありました。

松の手入れをする祖父、その下で草引きをする祖母

そんな時間がありました。





二人が、一緒に

記憶や想像の世界で過ごすようになり、

夢、うつつの中で遊ぶようになり、

庭の木たちは、枯れ始めました。








090828_130819.jpg


私の母が生れたときに、植えたソメイヨシノ

今年の春には、もう咲きそうにはありません。











ワンコが大好きだった七やん。

「ワンタン、ワンタン、はようきとうせ」

ムースをつれていくと、大声で話かけていました。

最近、新しい場所での暮らしになれ、

「ここは、ぬくうて、飯もうまい」

そんなふうに言うようになりました。




よかったね、おじぃちゃん。

美味しいもの食べれて。


よかったね、おばぁちゃん。

ご飯の用意も、片付けも

全部してくれるし、ご飯もおいしいとね。





100103_154413.jpg


命にあふれるこのワンコたちをつれて、顔を見にいかなくちゃ。

「おじぃちゃん、名まえよう覚えんろうけんど」








スポンサーサイト
コメント
anemone ちゃんへ
ほんと、年老いていくと赤ちゃんに戻っていきますね。
朝寝、お昼寝。。。よだれかけしてあげたいですよe-78

自分にもいつか来る道、そんなこと教えてくれてるような気もします。

もぐさのママ さんへ
コメントありがとうございます。

祖父母は、わたしにとって父母のようでもあり、
子供のころには分からなかったありがたさを
今、ひしひしと感じてます。

いろんなことを、教えてくれて、経験させてくれた二人です。
幼いころの記憶は、今でも鮮明ですね。

七郎さんと時子さんに、優しい言葉をありがとうございます。
アニマルセラピー。ほんと凄いです。
普段、どんなにぼーっと過ごされてる方でも、
わんこを見ると表情がまるで違います。
人間の赤ちゃんをみても、そうですね。
中には、嬉し泣きをされる方も・・

その姿をみて思います。
年老いてゆくにつれ、人間はクリアになってゆくんだなと・・

私たち大人には無いモノを、赤ちゃんやワンコはもってるのでしょうねぇ・・無垢 じゃないでしょうか?


すごく立派な松ですね。
お庭にこんなすごい木が植わっているとは・・・。
でも、お手入れが大変とは知りませんでした。
松って、ほっておいても大丈夫なもんだと
思っていました。
美しい姿を保つには、それ相応の手間が
必要なんですね。

おじいさま、おばあさま、
ワンコたちに会えるとうれしいでしょうね。
自然と元気が出てくるんじゃないですか。

うちの祖母、元気なときは憎らしいことも
たくさんありましたけど、ボケちゃってからは
かわいいおばあさんになったっけ。
ずいぶん前に亡くなっちゃいましたけど。

おじいさま、おばあさま、
ぬくぬくして、長生きしてくださいね。

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。