スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しづこころなく 花の散るらむ

2015.04.01.Wed.16:34


桜の季節には、雨はお休みしてほしいものです。

今日は雨上がりの午後、散り始めた桜の木を瞳におさめながらの散歩を楽しみました。

一本目は、ご近所さんの桜の木。

お家の主がかわっても、この桜は残されましたね。











濃いめの花色の桜  仙台屋桜でしょうか。

手入れのいきとどいた芝桜もかわいく咲いてます。



















こちらも、濃い色の桜



ムージュの社交場

おじちゃん、おばちゃんの集まる桜の木。











とことこと、歩く道は

大人になった子どもたちの通学路の桜




















そして、今日の目的地

水道山の桜

















小さな町の向こうの山は

ナバくんとぱこちゃんちのお山が見えました。

山肌に桜色のチークが

こんなにたくさん桜の木が植わってるんですね。













歩いて歩いて、

へけへけ顔のワンコ兄妹。












まだまだ歩いて歩いてたどりついた

小学校の桜の木は

子どもたちがいたころより、枝が落とされていました。















もう8年前の卒業になったでしょうか。

Sまも20才だもんね。











桜の木には、いろいろな思い出が重なっています。

もう少し、楽しみたいのでおてんとうさま

どうぞ青空をおかしくださいな。




   







うちの桜こちゃんは、ちょっぴりプンプン。

家に帰りついたときにムースくんだけ、じぃちゃんとまた出かけたから

「アタチ、おこってるんだから!!」



さもいわんばかりの目ヂカラでしょ。

スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
« 鼻と花と髭 | HOME | 白木蓮 »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。